今もっともホットなスペック!? Pure DriveVSへシフトした男性プレーヤー ”厚い当たり”と”スピン”の両立に向けて

フラット系のボールから

「スピンとスピード」を両立できるようなボールが打てるように改良に着手されているお客様の張り替えをさせていただきました!

併設店のオートテニスでこのテーマで練習されている方が今非常に多いです。

 

フラットボールはスピードがあるが、

相手のスピンボール。

とくに高めに跳ねてくるボールへの対処が難しいため、打ち方を変えることを決意されたと伺った記憶があります。

 

インパクト前後のボールへのコンタクトをガラリと変更する必要があるので、安定して打てるようになるまでは非常に時間を要します。

テニスへの情熱を感じて、私もエネルギーをいただいてます!(俺もがんばろー!)

 

ラケットは バボラ ピュアドライブVS babolat Pure Drive VS

これまで何本か試された後にこのラケットに決められたようです。

  • Yonex EZONE100
  • Yonex Vcore Pro97

など使用されてました。

もともと薄いフレーム厚のラケットが好きなプレーヤーだと思います。

厚い当たりで打てている現状からスピン量UPを意識するとカシュカシュのスピンのみの当たりになってしまうのは回避したい。

スピン量にボールスピードがとられるため、ある程度ラケット自体に反発力がないとボールの推進力が不足気味になっちゃう。

「振り抜きがよく」、「反発力もあるラケット」

この2つを併せ持つラケットがPure DriveVSと評価されたものと思います。

スピンの習得にEZONE100をチョイスされて、

Vcore Pro97を使用されてました。

この中間にあたるスペックを探されていたのかなぁ~。

今このスペックが次々に各メーカーから発売されてます!

ダンロップ・ヘッド・プリンスあたりでしょうか。

私も好みが近いので共感しちゃう。

▼メーカーサイト

ピュア ドライブ VS

 

ストリングは

ゴーセン ミクロスーパー1.25mm  (Gosen Micro Super)

日本では超スタンダードのロングセラーストリング。

パカーンと気持ちの良い打球音。

ホールド性よりも、球離れが心地よく反発力が高いです。

しっかり振り抜いて打ちたい方に特におすすめ。

スピン量を優先し、今回は1.25mmとやや細めをチョイス。

tension 縦50 横48ポンド

やや硬めなセッティング。夏なので少し上げていただきました。

 

ぜひ楽しんでいただきたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です