硬式テニス部へ入部するときに準備するもの【総合】

中学・高校へのご入学おめでとうございます。

テニス部への入部をご検討されている方にお役立ち情報として配信します。

特にお読みいただきたい方

  • 中学・高校のテニス部へ入部をご検討の方
    • とくにテニス未経験の方
  • 中学・高校のテニス部へ入部したばかりの方
  • 上記の保護者

まずは学校に確認をしましょう!

学校によっては細かく案内してもらえる場合があります。

学校指定のもの以外を購入すると、使えないこともありもったいないことに。

学校で指定がない場合は、先輩やその保護者に確認すると安心です。

必ず必要なもの

  • テニスラケット1本とラケットケース
  • テニスシューズ1足とシューズケース

この2つは用意する必要があると思います。

「ラケット」は多岐にわたる選択肢があり、選ぶのが難しいです。

▼詳しくは別の記事でご紹介します。

よしのり

工事中

 

シューズは大きく2種類あります。

  • オムニ・クレー用(オムニコート(砂入り人工芝)用・クレーコート(土)用)
  • オールコート用(ハードコート中心)

 

▼オムニ・クレー用

溝が大きく、日本の学校では多い「オムニコート(砂入り人工芝)」や「クレーコート(土・砂)」のコートでも滑り過ぎずに止まれるようになっている。

▼オールコート

溝が少なめ、コンクリートのうえに特殊な加工をしたハードコート用として作られている。

あるとなお良いもの

  • テニスボール
  • テニス用の靴下
  • キャップ
  • スポーツタオル
  • テニスラケット2本目
  • 交換用のオーバーグリップテープ

その他、上げるときりがないくらいになってきます。

いつ頃までに用意するの?

仮入部までは、部活のものを貸してもらえることも多いと思います。

本入部のときまでには用意するように案内があるところが一般的です。

用具の金額(相場)

ラケット1本(ガット込み) 15,000円~37,000円

シューズ1足 7,000円~13,000円

3年間でどれくらい買い替えるの?

一般的に男女で大きく変わります

男性は、ガットが切れることが多かったり、ラケットの損傷も大きいことがあります。

費用は女性よりも高くなると考えていいでしょう。

部活の活動頻度によってプレー時間でも変わります

強豪校で毎日プレーするような場合は当然消耗します。

場合によっては週2回というような活動日数が少ない学校も。

ラケットのストリングは3か月ごとに張り替えをおすすめ

ストリングは消耗品です。

競技者にとってストリングは重要です。

プロは毎試合ごとに張り替えるほどです。

ぜひ3か月ごとには張り替えましょう。

費用は、1本3,000円前後です。(作業料・ストリング代)

▼当店のストリング張替えを参考にしてください。

ご利用の流れ

男性でラケット3本前後・シューズ4足前後は予算として検討ください

消耗の具合は人それぞれ。

なかには3年間でラケット1本という方も聞いたことがあります。

 

ざっくりと想定していただきたい予算を試算します。

ラケット3本前後、シューズ4足前後

ガット張り替え10回前後

ざっと3年間で10万円~20万円くらいでしょうか。

参考まで。

他にかかる費用としては

  • 部費(ウエア代)・合宿代
  • 移動交通費
  • 個人練習・自主練習としてのコート代・オートテニス代
  • テニススクール代(入会した場合は)

その他活動費はかかってくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です